レディ

独学でも日商簿記1級を勉強できる|努力は実る

注目の調剤薬局事務

勉強する人

スキルアップ

調剤事務とは調剤報酬請求書作成業務を中心に、調剤薬局での事務作業全般を行う仕事のことです。調剤報酬請求書作成の仕事は月に1回行いますが、それに向けて事前の準備作業が必要です。また日常業務では患者から処方箋を受け取り、保険証の確認や、レセコン入力作業を行っていきます。その後薬剤師が投薬を完了したのちに、調剤録の印字も行います。また、その他にも色々な仕事があります。ところで調剤事務は、人気の仕事の一つとして注目されています。何故なら調剤薬局は全国各地に存在しており、その多くが調剤事務の求人を行っているからです。つまり仕事に困ることはなく、しかも医療業界であるため景気に左右されにくいといった事情もあります。また一度調剤事務のスキルを身につければ、全国どこの調剤薬局であっても、それを生かすことができるのです。

参考になる情報

調剤事務の仕事をするには特別な資格はいりませんが、取得しておくと就職に有利になることがあります。代表的な資格に医療保険調剤報酬事務士や、調剤事務管理士などが挙げられます。これらの資格は通信講座で取得することが可能です。様々な業者で、調剤事務関係の通信講座が開講されています。またそれぞれの通信講座で取得できる資格が異なっています。それぞれの資格自体に差はありませんが、自分に合った資格を取りやすい通信講座を選ぶことが良いでしょう。またどのような通信講座があるのかよく分からないという場合、インターネットのランキングサイトをチェックするのがおすすめです。取得できる資格やテキストの質など、細かい情報が掲載されているので参考になります。