レディ

独学でも日商簿記1級を勉強できる|努力は実る

会計の知識を武器にする

ノートとペン

持っておいて損はない資格

将来の就職に向けて何かしらの資格取得を目指すのであればぜひ公認会計士をすすめます。公認会計士の資格を持っていることで会計に関する知識が十分に備わっていることを客観的に証明することができるのでかなり就職に有利です。大なり小なりいろいろな会社が日本あるいは世界に存在するわけですが、どんな職種であろうとも会計と無関係の会社がないことを考えればこの公認会計士の資格を持っている人に対する需要はワールドワイドで存在します。各企業が新入社員に対して即戦力となるようなパフォーマンスを求めるようになった昨今において、公認会計士は引く手あまたの費用対効果が高い資格のひとつだということがこのことからも分かります。就職活動で周りのライバルをできるだけ引き離したいと考えるのであれば公認会計士は持っておいても損はない資格です。

通信教育で時間を有効活用

公認会計士の資格取得における最適な勉強方法は人によって少しずつ変わりますが、大学生のうちに取得してしまいたいと思うのであれば通信教育などのテキストを活用するのが最も無理が少ない方法です。大学生の本分は学業ですから当然毎日授業にでなければなりませんし、高学年になって専門の授業が増えてくると授業外で取り組む必要のある課題の量も多くなります。人によってはそこに部活やサークル、あるいはアルバイトや恋愛といった要素も絡んでくるわけですからできるだけ限られた時間を有効に使いつつ合格を目指すような勉強方法を選びたいものです。そのときに通信教育のテキストなら自分のペースで勉強できるので一日のなかに少しだけある自由に使える時間を効果的に活用できますし、勉強時間に強弱をつけることも簡単です。